GeoHex世界版公開しました。

GeoHex(ジオヘックス)世界版を公開しました。

<GeoHex世界版の概要>

  1. 日本限定→世界中にヘックスの対応範囲を拡張しました。GoogleMapsのカバーエリアすべての地点をヘックスで表すことが可能です(緯度限界は約85度)
  2. 緯度によるヘックスサイズの歪みをなくしました。
  3. レベル(ヘックスサイズ)を大陸クラスの広範囲(Level:0)〜約1mクラス60cmの小範囲(Level:24)まで25段階に変更しました。
  4. 各レベル間のヘックスサイズ(直径)は常に二分割(面積比1:4)で変化します。
  5. 範囲の大幅な拡張に合わせ、新たなコード体系を用意しました(3桁〜1311桁)。広範囲ほど桁数が少なくなります。
  6. PROJ4ライブラリを用いてWGS84⇔GOOGLE座標系変換の処理を行っています。
    →PROJ4が不要になりました。

基本的な概念や大枠は旧バージョンを継承しています。

GeoHexの仕様ならびに関連するプログラム、サービスは以下の条件を満たすものに限り、クリエイティブ・コモンズのライセンス形式に則り、ライセンスバッジ画像およびライセンス文言・URL等のクレジットを再配布するソースコード・公開するサイト内・アプリのクレジット欄等に掲載していただくことにより自由に「改変」「再配布」「商用利用」が可能です。

・インターネット上のオープンなWebサービスである
・GoogleMaps等の地図上で動作しGeoHexによるビジュアル表現を行う
・地図もしくは同一画面上にクレジットバッジを表示する(要リンク)

クローズド用途のサービスや、バックエンド処理のみに利用される場合は別途ライセンスを発行いたしますのでお問い合わせください(→こちら)。

ソースコード内には↓をお願いします。

GeoHex by @sa2da (http://geogames.net) is licensed under Creative Commons BY-SA 2.1 Japan License.

※クリエイティブ・コモンズ(CC BY-SA)ライセンスは、
原著作者名とリンク、クリエイティブコモンズサイトへリンクが必要です。
また、同一ライセンスによる公開/二次配布のみ可能です。
(ソースコードを含む二次制作物は全てCC BY-SAライセンスが継承されます。)
別ライセンスによる上書きは許諾されませんのでご注意ください。

ただし、原著作者および原著作者から別途ライセンスを取得している場合はその適用対象範囲外とします。

なお、今回のバージョンから専用ドメイン(http://geohex.net/)に移行し、ヘックスコードを含むURLの短縮化を図っています。
例)http://geohex.net/gbao1/

<操作方法>

地図上のクリックすると、クリックした座標を含むヘックスが描画されます。
画面右上の[+][−]でヘックスレベル(サイズ)を変更可能です。

<表示項目>
[ZONE] ヘックスコード。
[LEVEL] 0〜24。数字が大きいほど、ヘックスサイズが小さくなります。
[X,Y] 各レベルにおける斜形座標系の座標値

[2010.7.20] geohex.netを新設しました。

ドキュメントや拡張ライブラリは順次追加を行なう予定です。
ヘックス間のmodeパラメータや、移動量計算等は旧バージョン(http://geogames.net/labs/geohex)と共通仕様になっています。

※GeoHexのライセンスおよび規約は予告なく変更する可能性があります。
GeoHexを利用している全てのプログラムやそのライブラリを利用しているサービスは、
いずれもGeoHex.netの最新の規約に準拠していただくようお願いします。

  • トラックバック 停止中
  • コメント (0)
  1. コメントはまだありません。

コメント 停止中